ガンズ・アンド・ローゼズとザ・フー、ジョイント・ツアーを行うことを発表

ガンズ・アンド・ローゼズとザ・フーがジョイント・ツアーを行うことを発表している。
二組はリオ・デ・ジャネイロで開催されるロック・イン・リオにおいて共同でヘッドライナーを務めた後、アルゼンチンに飛んでブエノス・アイレスのエスタディオ・シウダ・デ・ラ・プラタでライヴを行うという。
「ブラバーマウス」によれば、ブラジル、ペルー、チリでの公演も予定されているというが、まだ正式には発表されていない。


先日、ザ・フーについてはロジャー・ダルトリーが今回のツアーが最後になるかもしれないと明かしている。先月、『NME』に対してロジャー・ダルトリーは来たるラスベガスでの連続公演が最後になるかもしれないと語っている。「このツアーの後、もう一度やるかはまだ分かってないんだ。僕らの世代の人々は亡くなってるからね。だから、現実的にならないとね。生きてるうちはね。今のところ非常にうまくやれてるけど、分からないからね。今年を乗り越えたら、休みが必要になるだろうね。その後にもう一度考えるよ」
ガンズ・アンド・ローゼズは5月から7月にかけてヨーロッパ・ツアーを行った後、7月から9月にかけて北米ツアーを行うことが発表されている。
nme-jp.com

ガンズ・アンド・ローゼズ(Guns N’ Roses)とザ・フー(The Who)のジョイント・ライヴが10月1日にアルゼンチンのブエノスアイレスで開催される予定。ガンズがツイッターで発表しています。この2組によるジョイント・ライヴは以前より噂されており、今回の公演以外にブラジル、ペルー、チリでも開催されるのでは?と言われています。
amass.jp

オリジナル・メンバーのスラッシュとダフ・マッケイガンが24年ぶりにライブに復帰し、今年の1月には来日も果たしたガンズ・アンド・ローゼズだが、南アメリカでザ・フーとダブル・ヘッドライナーを務めることが明らかになっている。
まずは9月23日にブラジルのリオデジャネイロで開催されるロック・イン・リオでダブル・ヘッドライナーを務め、その後10月1日にはアルゼンチンのブエノスアイレスのスタジアムでも共演することが発表されている。


音楽サイトの「Blabbermouth」によると、この2公演以外にもブラジル、ペルー、チリでのダブル・ヘッドライナー公演を計画中だという。
なお、ガンズ・アンド・ローゼズは昨年には南北アメリカのツアーを行っており、今年に入ってからアジアとオセアニアでのツアーを敢行。
5月からはヨーロッパと北アメリカ・ツアーに乗り出し、9月にブラジル、チリ、アルゼンチンの公演に向かう予定になっている。
一方、結成50周年記念ツアーを最後に、今後はツアーをやめ、ライブも限定的なものに専念していきたいとしていたザ・フーだが、今年の夏にはラスべガスでの定期公演を控えている。
その他にもアメリカやカナダでのフェスティバル出演や講演を予定しており、9月末には南アメリカに向かうことを予定している。
ro69.jp